" 古い車・過走行車を売る

古い車・過走行車を売れないとあきらめてはいけない

車 売る

■日本の中古車は海外で大人気

キズだらけでボロボロの古い車でも、たとえ既に30万km走っていても、15年前の車でも、あきらめなければ 10万円以上で売れる場合もあることをご存知ですか?

実は中古の日本車は私たちが想像する以上に海外での人気が高いのです。

性能が良く故障しにくい日本車は、古くなっても、過走行でも海外で大きい需要があります。

また、商用車、多走行のディーゼル車、日本ではあまり見かけなくなったマニュアルシフト車などが、年式・走行距離に関係なく、海外では大人気だったりします。

トラックやセダン、4WD系はもちろんの事、コンパクトカーから軽箱バンや軽トラックまであらゆる車種がどんどん輸出されています。

日本国内では需要の低くなってしまったような車、国内では廃車扱いになってしまいがちな車種も、海外へ活発に輸出されています。

■だから古い車でもあきらめてはいけない

だから、過走行だったりキズだらけだったりで下取りで「査定ゼロ」といわれるような車でも、輸出向け買取業者なら内装が汚くても確実に買い取ってもらえるのです。

そもそも日本人は、車に対してかなり贅沢で潔癖すぎるのです。

海外では、走行に支障がなければ、古かろうが走行が多かろうが関係なく、実質的な中身で選んで車を買うのです。

また日本の場合は、人件費が高く修理費が高くなってしまい、車に限らず「修理するより新しいのを買った方が良いですよ」となってしまうことも影響しているのかもしれません。

日本で壊れている車を買って海外の安い工賃で直してしまうというビジネスも立派に成立します。

古い車の査定についてはこちらも参考になりますよ⇒古い車を売る

■古い車でも必ず買取ってもらえる

古い車・過走行の車でもくれぐれもあきらめてはいけません。

近年車買取店も輸出に力を入れて来ていることもあり、そのような輸出向けルートを持つ業者も多数参加している一括査定なら必ず買取り価格が付くはずです。

事故車でさえ買取する専門店もあるのですから。



 車一括査定のサービスは数多くありますが、評判の良いおススメを取り上げてみましょう。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


日本と海外では車の見方、価値観がまったっく違うというこぼれ話」。

一頃トヨタの「白いクラウン」のイメージ戦略で白い車の割合が約70パーセントにもなった時期がありましたが、日本以外のほとんどの国では「白はオバケのイメージがある」ということで人気がないそうです。

現在でも日本では白の車の割合が30パーセントくらいあり、白い車の輸出は不調ではないのかと思いきや、世の中は広いもので、白い車は未完成の車とみなされて税金が大幅に安くなる国があるというのです。

それは南米ペルーで、白い日本中古車の天国だというわけです。

輸出業者も大喜びだそうです。

また、走行距離によって輸入税が安くなる国もあるというのです。

「なるべく走行距離の多い車が欲しい」という業者がいるというのもうなずけます。


もう一つ、中国のように一般走行で右ハンドル禁止の国がある一方、南アフリカ、タンザニア、ケニアなど、右ハンドルの国もあり、これらの国では日本車大歓迎だそうです。

ホント、世界は広いですね!



中古車 一括査定の注意ポイント

このページの先頭へ